FC2ブログ

なうひあdiary

2020 / 01
12≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫02

霧中ドライブ

2016/06/20(Mon) 11:49
セデックの地~廬山温泉に別れを告げて、次の目的地、阿里山へ
s龍雲橋
霧社事件当時は吊橋で、セデック族が日本軍の侵攻を阻止しようと切り落とした橋
欄干の左右にセデックの半身像がある

sIMGP3528up.jpg
1985年、コンクリート製の雲龍橋が完成   
元・雲南省の主席、日中戦争の陸軍副総司令だった龍雲氏の名を冠して龍雲橋と名づけられたが
中国共産党と昵懇だった龍雲氏が中華人民共和国成立後北京へ帰ったため、雲龍橋と改名された

sIMGP3533.jpg
橋のたもとの野菜売り屋さん  高麗菜はキャベツ、蘋果(ピングオ/中国語読み)はリンゴ
どこでできたものか聞くと、ひょいと目の前の山を指差す
お昼に食べようとリンゴを買う
sIMGP3527.jpg

sIMGP3526.jpg
山菜も売っていた  赤ミズかな?

sIMGP3535.jpg
しばらく走って、今度は桃や蕃茄(ヴァンチェー/トマト)も売っているお父さん
sIMGP3537up.jpg
こちらでは小さくて熟れた桃を購入 
もう今日のうちに売らないと、というくらいの熟れ具合だったので、1kg120元のところ、100元におまけしてくれた

廬山温泉から阿里山まで、レンタカー会社<格上租車>が貸してくれたガーミンとスマホのグーグルマップ、
どちらもいったん山を降りて3号線を通るルートを推奨したけど、せっかくのお天気だし
日月譚を通る21号の山道をチョイス 絶景ドライブに期待していたのだけど…

sIMGP3540.jpg
日月譚あたりから徐々に雲行きが怪しくなって

sIMGP3547.jpg
はい、山は霧の中… まあ、この霧が名物といえば名物、おいしいお茶が育つのになくてはならないもの

休憩に立ち寄った 望高茶園景觀餐廳 さん 晴れていればすごい眺めらしい…が、あいにくの雨と霧
今年の春茶を試飲させてもらいながら筆談でおしゃべりする
石垣島から来たというと、沖縄や京都旅行の写真を見せてくれたsIMGP3545.jpg
sIMGP3544.jpg
沖縄で買ったという炊飯器  
最近は台湾でも日本のお米を売っているらしく、おいしく炊くにはやはり日本製の炊飯器がいいらしい
石垣のEDIONでもみんな買ってるもんね

雨が強くなってうっかり長居してしまい、お茶をがぶがぶ飲んだのに(飲み干すとすぐについでくれるため)
何も買わずに出てきちゃった

標高1500mの霧の中、ヘアピンカーブの山道を行くと、駐車場に車と人がいっぱい
sIMGP3548.jpg
みんな登山の格好をしているので、ハイキングの帰りらしい 
大型観光バスも数台止まっていて、トイレが大混雑だった
それもそのはず、ここはバス停もある上東埔、玉山群峰・塔塔加(タータカ)遊楽区の登山口
5時間半で歩ける日帰りコースもある
夏は高山植物が咲き乱れるとか…筋力つけて、次は行ってみたいなぁ
あと、南湖大山の稜線トレイルとか…いつか行くぞー

さて、結局ずーっと霧の中だった(もう夕方だもの、当然かも) 阿里山遊楽区をいったん通り過ぎ、
今夜の宿、龍雲休閒農場に着いたのはもう5時過ぎ…  朝食後もスパに行ったりしてのんびりしちゃったし(ノ_<)
でも夕食には余裕で間に合ったから、モーマンタイ♪













関連記事
'16台湾 コメント:0 トラックバック:0
コメント:
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://fromishigaki.blog94.fc2.com/tb.php/1869-a084b9e0
Next Home  Prev

プロフィール

ナツ

Author:ナツ
2003年から石垣島で暮らすプライベートブログ。
こちら↓もよろしくお願いします。
石垣島薬草園なうひあ nauhiaherb.com
FB    Nauhiaherb
Instagram nauhiaherb
Twitter  nauhia_herb

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード