FC2ブログ

なうひあdiary

2020 / 01
12≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫02

龍雲休閒農場

2016/06/23(Thu) 11:10
日本でも農家民宿が人気だけど、台湾にも「休閒農場=体験型レジャー農場施設」というのがたくさんあり、
地産地消の食、自然のなかでの宿泊、農業や牧畜体験、伝統文化とのふれあいなど、
さまざまなスタイルがあるらしい

今回泊まったレジャー農場は、18号から奮起湖へ向かう途中、
阿里山国家風景区内、標高1500mの石卓自然生態保育区にある、龍雲休閒農場

阿里山森林遊楽区の霧から出たと思ったら、再び石卓の霧の中へ
茶畑を通り過ぎた奥の奥に、「龍雲居」の文字が見えてくる

※写真が多いのですべてサムネイルです。大きい写真を見る場合はクリックしてください

sIMGP3559.jpgsIMGP3550.jpg
部屋からの眺め  畑と鶏小屋
sIMGP3549.jpgsIMGP3556.jpg
じつは今回の台湾で泊まった宿のうち、ここがいちばん高かった(゚∀゚)
一泊二食でひとり3000元(約1万円)
それでも食堂の真上にある旧館の部屋だったけど、リゾートヴィラそのもののモダンな新館はいくらするのかしらん
(洋服着たミニチュアシュナウザーをベビーカーに乗せた、30代くらいのカップルがお泊まりになっていた)

夕食も早めで18:00から  テーブルにつくと、どんどん出てくる
sIMGP3553up.jpg
虎耳草(ユキノシタ)の天ぷら、猴頭菇(ホウトウク/やまぶしたけ)と黄耆(オウギ)のスープ、
豚肉と厚揚げの煮物、ゆでた手羽先(スープをとった?)、筍の炒め物、青菜炒め2種(龍髭菜、三つ葉)、
ご飯、パイナップル
筍は近くの竹林で、野菜は畑でとれたもの、ユキノシタは石垣に生え放題♪
ヘルシーなメニューで、今夜はアルコール抜き  お水でいただく

夕食後、真っ暗になると、ホタルを見に連れて行ってくれた
といっても宿の前の道をちょっと行ったところだけど、あたりいちめん光の乱舞
sIMGP3565.jpgsIMGP3563.jpg
ホタルを見た小道と竹林…筍取りは今が最盛期  下はカンダバー(さつまいもの葉)
sIMGP3719.jpgsIMGP3717.jpg
畑の三つ葉と明日葉、石垣のユキノシタとナスタチウム、庭のミニバナナとオオタニワタリ
sIMGP3708.jpgsIMGP3712up.jpgsIMGP3558.jpgsIMGP3663up_201606231034214e3.jpgsIMGP3716up.jpgsIMGP3679.jpgsIMGP3720.jpg
朝食は、パッションフルーツジュース、金柑のお粥、卵焼き、青菜炒め(カンダバー)、
お粥に必ずついてくる4点セットは、ピーナツと肉松(お肉の田麩)、甘い乾物の煮物と漬物
sIMGP3671.jpg
朝は暗いうちから鶏に起こされ、この日も宿の上の自然歩道を1時間半お散歩
朝食時には、ちゃんとおなかがすいていた
その石卓自然保護区については次回













関連記事
'16台湾 コメント:0 トラックバック:0
コメント:
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://fromishigaki.blog94.fc2.com/tb.php/1872-69a391af
Next Home  Prev

プロフィール

ナツ

Author:ナツ
2003年から石垣島で暮らすプライベートブログ。
こちら↓もよろしくお願いします。
石垣島薬草園なうひあ nauhiaherb.com
FB    Nauhiaherb
Instagram nauhiaherb
Twitter  nauhia_herb

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード