FC2ブログ

なうひあdiary

2020 / 01
12≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫02

ヘリコプターベン覚書

2016/07/12(Tue) 11:11
sP7110015.jpg

昨日、バーナンキ前FRB議長が日銀を訪れ、黒田総裁と面会した13時から日経平均株価とドル円は大幅上昇
その一時間後には安倍総理の記者会見があり、
大型の経済対策となる平成28年度第2次補正予算案の編成を指示する考えを示した

リニア最大8年間前倒し
全国に農水産物や食料の輸出対応型施設を建設
クルーズ船を受け入れる港湾施設の整備


と建設会社は大喜び、そのお金はどこから出てくるの? という内容で

バーナンキは今日の午後、安倍総理と会談(10:30現在、日経平均、ドル円はさらに上昇)
このタイミングのバーナンキ来日となれば、いやでもヘリマネに注目が集まっている

バーナンキ氏は、政府が商品券や給付金で直接国民にお金を配り、その財源として政府の発行する国債を中央銀行が直接引き受ける「ヘリコプター・マネー(ヘリマネ)」の提唱者として知られる。金融緩和の限界論が取り沙汰される中、安倍首相にヘリマネ導入を説く可能性も指摘される。(産経ニュースより)



ヘリコプターマネーには、リスクも指摘されている
ヘリコプターマネーの危険性~巨額債務は国民の預金で返済すべし?

というわけで、与党大勝→懲りずにアベノミクス=異次元の金融緩和政策を進めるのだろうけど
株と為替が上がるだけで、一般庶民にはその恩恵がぜんぜんまわってこない、いうのが実情
というのも、

中央銀行が行なっている量的緩和政策は、実体経済の目標インフレ率の達成を掲げて行なっているが、
実体経済には向わず金融経済にばかり向う。格差社会を必然的に作り出す政策である
(詐欺経済から脱却する方法~一厘の仕組より)



国民の年金を株につぎこんで、「株が上がって景気がよくなっている」といい
非正規が増えているのを「雇用が改善している」といい
裕福な外国人観光客をもてはやす一方で、深刻化する貧困には無関心
意図的に格差を広げるのが現政権の進む道

その先にあるのは、今回の2/3で視野に入ってきた「国防軍」なのかも
国防軍を配備したら、とうぜん軍隊の隊員が必要
表立った徴兵制は敷けない、だから経済的徴兵制
世界の徴兵制のない国で軍に入るのが貧しい若者たちであるのを見れば、一目瞭然

自衛隊施設はもれなく軍の施設となる
石垣に自衛隊が配備されれば、将来的には軍施設のある島となる

ヘリコプターベンからの連想ゲーム














関連記事
時事 コメント:0 トラックバック:0
コメント:
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://fromishigaki.blog94.fc2.com/tb.php/1883-c766fa17
Next Home  Prev

プロフィール

ナツ

Author:ナツ
2003年から石垣島で暮らすプライベートブログ。
こちら↓もよろしくお願いします。
石垣島薬草園なうひあ nauhiaherb.com
FB    Nauhiaherb
Instagram nauhiaherb
Twitter  nauhia_herb

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード