FC2ブログ

なうひあdiary

2020 / 01
12≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫02

国債離れ~仮想通貨

2016/07/15(Fri) 16:34
P7140030up.jpg


おさらいの続き
国債に関するニュースで先月注目を集めたのがこれ

三菱UFJ銀、国債離れ 入札の特別資格返上へ マイナス金利で損失懸念 (日本経済新聞) 

「うちはもう国債買いません」と入札資格を突っ返した三菱東京UFJ
国債を買わずに何をするかというと、独自の仮想通貨MUFGコインを発行するという

仮想通貨、来秋一般向けに 三菱UFJ、大手銀で初 「送金」手数料割安

2016年6月10日05時00分

三菱東京UFJ銀行は、独自に開発中の仮想通貨「MUFGコイン」を来秋、広く一般の利用者向けに発行する
ITを活用した金融サービス「フィンテック」の一環
大手行が仮想通貨を一般向けに発行するのは世界で初めて
利用者同士が手軽にやり取りをしたり、割安な手数料で外貨に交換したりできる

MUFGコインは、利用者が、同行の口座にある預金を「1コイン=1円」の比率でコインに交換し、
スマートフォンのアプリに取り込むなどして使う

利用者同士はわずかな手数料でコインをやり取りでき、会食後の「割り勘」などでの利用を想定
空港で外貨に換えて引き出すこともでき、手数料も大幅に安くなるという

「Suica(スイカ)」など、前払い式の電子マネーと似ているが、利用者同士がネットを通じて「送金」できる点などが異なる

同行は、コインを取り込んだスマホをかざせば現金を引き出せる新型ATMの開発も進めている
2018年春から順次、配備する予定。
実現すれば、同行に口座を持たずとも、スマホに取り込んだコインをATMで現金化できるようになる

さらに、さまざまな店舗と提携して支払いにコインを使えるようにする。
ポイント制を導入する構想もあり、将来的には、コインを中心とする「商圏」の構築につなげたい考え

仮想通貨の「ビットコイン」などにも使われている取引記録の新技術「ブロックチェーン」を活用
取引を管理する大型コンピューターが不要になり、システム運営のコストが大幅に抑えられる

仮想通貨は、ビットコインなど600種類以上あるといわれる。ただ、
円など法定通貨との交換比率が変動して投機の対象になりがちなことなどが、幅広い普及への壁になっている。
メガバンクが発行し、円との交換比率が一定のMUFGコインの登場は、
仮想通貨を一気に身近なものにする可能性を秘めている



さらりと流されているが、じつは歴史のターニングポイントとなるかもしれない大ニュースだと
苫米地英人博士がテレビ番組で解説している
三菱東京UFJ、独自通貨"MUFG"発行で日本の中央銀行は外国人が支配する?Dr苫米地英人が恐ろしい実態を解説!

要点をまとめたフリップがこれ
MUFG1.jpg
MUFG2.jpg
MUFG3.jpg
MUFG4.jpg

日本政府が持っている通貨発行権を事実上乗っ取り、円以外の通貨を発行させ、流通させる
三井住友、みずほもこれに追随する予定
なぜそんなに強気なのかというと、これらの大手メガバンクは今、
外資(元をたどればJPモルガンとロックフェラー)の支配下にあるため

円で預金していても利息はぜんぜんつかないし、アプリで個人同士やりとりできなくて不便
でもこの仮想通貨なら外貨に換えるときの手数料も安くなるし、手持ちの現金がなくても友達と簡単に割勘できる
さらにポイントもつくとなれば、円ではなく仮想通貨を使う機会がふえる
円で預けられている日本国民の預金が、外資系の仮想通貨に移行する



ただでさえ異次元の金融緩和で国債の流動性が低くなっていくのに
こうして大手メガバンクが次々と国債を引き受けなくなれば、国債は次第に市場で売れなくなり、価格が下がる
円の価値も下がるため、仮想通貨の価値がさらに大きくなる

当初は1コイン=1円の比率でスタートするけれど、円の価値が下がったときに果たしてそれが維持されるかどうか…
そもそもの通貨だって、最初は金本位制だったのが、
いつのまにか帳簿に借入金の数字を書くだけで創造されるようになった
無からお金を生み出す信用創造とは何か

円の価値が下がれば、スマホもPCも使えず郵便局にお金を預けているだけの人は
資産価値が大きく減ってしまう
今、日本で貯金を持っているのはほとんどが高齢者
非正規で働いている若者は、貯金する余裕もない

円より仮想通貨が主流になると、日本国内で流通するお金を、日銀がコントロールできなくなる

ということは、ユーロを使っているため財政が行き詰っても国内でお金を刷れず、
ドイツなどに借金してEUの緊縮策を呑まなければならないギリシャのような国になるということ

もしかしたら、法律より重要かもしれない、通貨の発行権と管理権
それを外資に乗っ取られたら…

続きを読む場合はmore ↓をクリック
通貨の発行権と管理権を掌握することによって世界統一政府を樹立するという
ロスチャイルド家が掲げたアジェンダに大きく近づく

暗号通貨によって日本のメガバンクが日銀にとって代わる日
EUの崩壊と米国の崩壊、暗号通貨がワン・ワールドに導く
というカレイドスコープさんの記事に、そのシナリオが描かれている

それは、すでに姿を見せつつあるロスチャイルドの世界政府と、世界共通の仮想通貨(正確には「クリプトカレンシー」、日本語では暗号通貨と呼ぶ)によるグローバル・バンキング・システムを構築するとともに、“世界市民”の体内に通信機能を持ったreidチップをインプラントする計画に他なりません。すでに、それは始まっています。




体内にチップを埋め込む
ペットの世界ではもう常識になりつつあるけれど、人間でも始まっているらしい

マイクロチップを身体に埋め込んで自分を“アップグレード”する若者たち

この記事に、こう書いてある

未来の世界では、身体に埋め込んだチップで、カフェやレストランでの支払いから、バスや地下鉄への乗車、コレステロール値の計測までもできるようになるとショブラッドは予測している。



Satan’s credit card: What the mark of the beast taught me about the future of money
cnbc1.jpg

この話、SFとか陰謀論とかトンデモであることを願いたいけど…
世界支配をもくろむ者がいるとすれば、人間だって家畜扱いなのだから、さもありなん
さて、抵抗する術は…??

まずハイパーインフレへの備えといっても、外貨に換えるほどの資産があるわけでもないし
やっぱり畑で野菜を作ったり、海で魚や貝をとったり、山で山菜や木の実をとったり、
自然からの直接的な食料調達の方法や、
ともだち同士助け合ったりなど、お金を介さない信頼関係を築いておくことが大切なのかなー?











関連記事
時事 コメント:1 トラックバック:0
コメント:
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2016/08/26 17:08 * [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://fromishigaki.blog94.fc2.com/tb.php/1885-e4ea9925
Next Home  Prev

プロフィール

ナツ

Author:ナツ
2003年から石垣島で暮らすプライベートブログ。
こちら↓もよろしくお願いします。
石垣島薬草園なうひあ nauhiaherb.com
FB    Nauhiaherb
Instagram nauhiaherb
Twitter  nauhia_herb

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード