FC2ブログ

なうひあdiary

2020 / 01
12≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫02

関子嶺温泉の朝

2016/08/17(Wed) 11:50
関子嶺温泉は鹿児島の霧島温泉、シチリア島とともに、世界三大泥温泉のひとつ、といわれている
台湾では唯一の泥湯
sDSC_0083.jpg
部屋の浴室に直接出てくる ここは大浴場がないけど、泥湯は水着を着て入りたくないので、部屋湯でオッケー
ミネラルたっぷりのにごったお湯で、肌がつるつるに  朝湯も浸かってさっぱりー

工事のおじさんたちはもう仕事に出てしまったらしい
sIMGP3913.jpg
懐かしい洗面台にやかん
sIMGP3916.jpg
鯉の池とロックガーデン
sIMGP3944.jpg
温泉の粉も売っている
sIMGP3948.jpg
改修中の畳の間
sIMGP3917.jpg
欄間の彫り物も日本時代から
sIMGP3941.jpg
明るいところで、昔の日本風玄関
sIMGP3919.jpg
もう一軒の、100年前からある旅館「吉田屋」(今は静楽館)さんの奥さん 台湾檜で木彫りの筆の置物を作っている
sIMGP3925.jpg
手乗りのシロガシラ ! 外を飛び回って虫を食べ、自分で室内の鳥かごに帰ってくる
sIMGP3926.jpg
よく慣らしたなぁ~ 
ここは鳥かごに九官鳥もいて、ビートポップスをやっていた
和風の浴衣が干してある
sIMGP3928.jpg
源泉へ続く川沿いの遊歩道
suIMGP3923.jpg
日本の温泉地みたいでなごむー
sIMGP3927_20160817110009dcd.jpg
昼間の源泉はブルーシートが興ざめ ライトアップされていた夜のほうが雰囲気あっていいな
sIMGP3932.jpg
戻ってきて、関子嶺大旅社脇の路地  ここが昔の温泉通り
suIMGP3940.jpg
駐車場から見たところ  縁の字を彫った石碑が立っている
sIMGP3950.jpg
近くにあった壁画 台湾ってこういうの好きなのかな、あちこちでみかける
sIMGP3954.jpg
sIMGP3951.jpg
sIMGP3952.jpg

山のほうへ上がると、こぎれいな大型温泉リゾートホテルもあるみたい
日本統治時代に駐屯した日本兵が発見したという関子嶺温泉
さびれ具合がなんともいえないけど、昭和レトロな雰囲気と上質な泥湯を満喫できた

台湾中部の山と温泉はこれで終了
高鉄台中駅まで走って車を返し、台北へ向かいますー
















関連記事
'16台湾 コメント:0 トラックバック:0
コメント:
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://fromishigaki.blog94.fc2.com/tb.php/1909-543631e3
Next Home  Prev

プロフィール

ナツ

Author:ナツ
2003年から石垣島で暮らすプライベートブログ。
こちら↓もよろしくお願いします。
石垣島薬草園なうひあ nauhiaherb.com
FB    Nauhiaherb
Instagram nauhiaherb
Twitter  nauhia_herb

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード