FC2ブログ

なうひあdiary

2020 / 01
12≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫02

べんがら

2016/11/10(Thu) 16:04
sPB060107.jpg


やちむん館で行われた「風水土のしつらい展in八重山」でのワークショップ
「島の土から色をつくる染める」に参加してきた

島の土2種に、講師の 古色の美 ナカジマさんが持ってこられた土と合わせて3種類の土を使い、板締めで手ぬぐいを染めた
とってもカンタンにきれいな色が染められるのと、板締めのパターンから生まれる思いがけない模様が楽しい

PB070033up.jpg

工程は四つ
①採取してきた土を乳鉢で擦って細かくし、焼いて好みの色にする
②水を加えて練り、さらに助剤を加えて乳化(エマルジョン)させ顔料をつくる
③下処理した布を折りたたんで板締めし、常温の顔料に浸して染める
④水気をたたきとり、乾かす

土から顔料をつくり、布の下処理さえしてしまえば、
草木染のように長時間煮出したりする必要もなく、あっという間に染まる
そして退行もせず、虫食いやカビたりもしなくなる

sPB060044.jpg

そもそもべんがらとは~

土からとれる酸化鉄のことを「べんがら」(紅殻、弁柄)といい、インドのベンガル地方より伝来したのが語源とか
また、中国語で「べん」は乳棒、「がら」は乳鉢のことで、合わせて「べんがら」になる

べんがらは人類最古の顔料で、先史時代のラスコー、アルタミラ洞窟絵画や、縄文土器にも使われており
古墳に見られる石室に塗られた赤もべんがら

ナカジマさんは大阪、羽曳野市で1965年に社寺や日本家屋のベンガラ塗りとして創業
辺り一帯には御陵が多く、古えは土師(はじ: 古墳造営や葬送儀礼に関った氏族)の里だった
べんがらは防虫・防腐効果に優れ、紫外線から木材を保護する
千年たっても退行劣化しない
中国ではミイラを作るときにも使われた
酸化鉄は日焼け止めの原料でもあり、アフリカなどの部族が肌を赤く塗るのは
日焼けと感染を予防する意味がある
象が皮膚に土を塗るのと同じ



べんがらというとまっさきに思い浮かぶのは近江八幡のべんがら格子で
建築の塗りしか知らなかったけど
ナカジマさんのところでは研究の結果、繊維への染色を可能にし、
燃焼温度と調合により、赤以外に黄、黒、緑、紫などさまざまな色合いをつくりだした
すぐに染められる顔料や助剤はウェブサイトから購入でき、展示即売会やワークショップも各地で開催している

sPB060045.jpg



そして技法だけでなく、赤い土に関しての非常に奥深く、根源的な話を聞くことができた

土に含まれる鉱物で赤くなるのは、水銀、鉛、鉄の三つ
水銀、鉛は毒物だが、鉄は無害
活断層の下にはこれらが圧縮されて眠っており、天然の磁場を形成している
この天然の磁場では、体が「よみがえる」つまり、健康増進効果があり
古代には不老不死に効果があると考えられた
中国の歴代皇帝は不老不死を願って水銀を飲み、それがもとで病気になったり命を落としたりもしている



弘法大師空海も唐でそのことを学び、帰国後、水銀(丹)が採れる土地を求め、高野山に寺を建てたといわれる

赤い土の磁場は、オーストラリアのエアーズロック、セドナ、ネイティブアメリカンの聖地など
各地でパワースポットとなっている
日本では伊勢神宮や三輪大社など、神社になっていることが多い

ひとにぎりの土には地球の人口以上のバクテリアがいるといわれ
肥えた土が放出する二酸化炭素ガスを植物が取り込んで、酸素に変える
そのため土と緑があるところは常に空気が再生され、生き物も健康に生きられる



そこでマイナスイオンについて調べてみると、

鉱物が発生する微小な電磁波は原子から電子を追い出す作用があり、マイナスイオンを作り出す
身体の細胞は、細胞膜を通して必要な栄養を取り込み、老廃物を排出しているが(この働きを選択的透過性という)
選択的透過性は血液中にプラスイオンが多いと低下し、マイナスイオンが多いと向上する
そのためマイナスイオンが多いと新陳代謝がよくなり、細胞の活性化、老化防止に役立つ
                (マイナスイオンとは  より )



「色が染まるという化学反応も、基本はプラスとマイナスの結合であり
すべてのものは振動しているのです」

と話は波動にまで及んでいったけど、ナカジマさんは染めの実技に入らねばならず、
それ以上掘り下げて話を聞くことができなかった

それでもパワースポットと磁場、波動に関するヒントをいただき、
ものすごくためになる、興味深いワークショップだった

島の土で色をつくり、晒を板締めで模様染めして浴衣をつくりたい













関連記事
手作り コメント:0 トラックバック:0
コメント:
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://fromishigaki.blog94.fc2.com/tb.php/1960-5410ec42
Next Home  Prev

プロフィール

ナツ

Author:ナツ
2003年から石垣島で暮らすプライベートブログ。
こちら↓もよろしくお願いします。
石垣島薬草園なうひあ nauhiaherb.com
FB    Nauhiaherb
Instagram nauhiaherb
Twitter  nauhia_herb

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード