FC2ブログ

なうひあdiary

2020 / 01
12≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫02

とろとろ石けん

2016/12/30(Fri) 10:42
赤星たみこさんのとろとろ石けん、いろいろやってみた結果、やっと自分の使いやすい分量で安定して作れるようになった

ポイントはお湯の温度、これが重要♪

500mlのふたつき容器(ダイソーで購入)に大さじ4の粉石けんをいれる
これはとろとろ石けん用に買っている純石けん分99%の無添剤
(衣類の洗濯には炭酸塩やセスキなどのアルカリ助剤を加えたほうが洗いやすい)
sPC250093.jpg

人肌より少し温かいくらいのぬるま湯を少量入れて練る
sPC250097.jpg

ダマがなくなったら、容器の3分の2のくらいまでぬるま湯を足し、ふたをしてシェイク
泡立ったら容器いっぱいになるまでお湯を足してさらにシェイク
するとこんなふうにとろとろになる
sPC250118.jpg

スポンジは、石けん洗いに向く粗い網目構造のもの 
これは石けん百貨のだけど、パックスナチュロンのスポンジ同様、だんぜん泡立ちがよくて丈夫!
sPC250121.jpg
お湯の温度が高すぎるとかえって均一に溶けにくく、ダマもできやすい
溶けすぎた部分はシャバシャバの液体石けん状態になるけど、冷めれば固まるのでぜんぜんオッケー
逆に固まりすぎたらお湯や水を足してまたシェイクすればいいし
ぜんぜんテキトーでかまわない

合成界面活性剤入りの台所用洗剤から切り替えた直後は、界面活性剤の油膜が残ったりするけど
そのときはもう一度洗えばスッキリ落ちてキュキュッとなる
油汚れのついた食器は、ペーパーで拭き取ってざっと流してから洗う

合成界面活性剤の入った食器洗い洗剤は手荒れの原因になるし、生活排水の海への影響もできるだけ少なくしたい
ただ、天然油脂の原料にはパーム油が使われている
パームヤシ栽培のために東南アジアの原生林がどんどん伐採され、野生生物の生息域が激減していることを考えると複雑だ
石垣で見られるアカショウビンが年々減っているのも、東南アジアのパームヤシ園のため、生息数が減っているという説がある

f0030644_0101685.jpg
パームヤシ園と熱帯林(グリーンピースより)

レポート『絶滅許可証:スマトラトラを絶滅に追い込む、パーム油産業の森林破壊』(英語名:Licence to Kill: How deforestation for palm oil is driving Sumatran tigers toward extinction)

パームヤシ園激増の背景は、主に大量に使われるパイオ燃料のためらしいけど…
化粧品や食品にも多く使われているし、石けんだって同じこと…(ノ_<
 
2014/07/11 花王、アジア企業で初めて 2020年までに「森林破壊ゼロ」を発表――グリーンピース森林保護キャンペーンを受けて、パーム油・紙等の調達で

使い過ぎないようにすること、そしてこういう「森林破壊ゼロ」の取り組みは歓迎














関連記事
手作り コメント:0 トラックバック:0
コメント:
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://fromishigaki.blog94.fc2.com/tb.php/1976-17b9b6b5
Next Home  Prev

プロフィール

ナツ

Author:ナツ
2003年から石垣島で暮らすプライベートブログ。
こちら↓もよろしくお願いします。
石垣島薬草園なうひあ nauhiaherb.com
FB    Nauhiaherb
Instagram nauhiaherb
Twitter  nauhia_herb

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード