FC2ブログ

なうひあdiary

2020 / 07
06≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫08

Indian music from Europe その1 

2020/05/23(Sat) 15:10
このところ、毎日数回は聴いてしまうこの曲
Man Kunto Maula | Orchestral Qawwali | Abi Sampa



歌っているのはロンドン生まれの27歳アビ・サンパ。本職は歯医者さん! (だった)
8歳からサックスとヴィーナ(インドの楽器)を習うが、両親が音楽業界での将来を心配して歯医者への道を勧めたとか
でも今こそ夢を叶えるとき、と2013年、BBCのオーディション番組The Voice のブラインドオーディションにチャレンジ
審査員は後ろを向いていて歌声だけで判断し、推し、と決めたら椅子を回転させて歌声の主と対面する




Man Kunto Maula は、インド亜大陸を起源とするスーフィーの祈りの音楽、カウワリの中でも最も有名な曲

歌詞の英訳は↓

King of the brave, the Lion of God
The Strength of the The Lord,
There is no one like Ali,
There is no sword like Zulfiqaar

Whomever I am master to,
Ali is his Master too.

Enter into the heart,
Enter into the heart,
Melt therein, You and me
Sing inside in sweet melody.

Master is Ali,
Master is he

A Haidari (Haidar is a title for Imam Ali which means Golden), a mystic drowned in devotion am I
Nothing more than a humble servant of Ali-e-Murtaza (Ali the Chosen of God) am I
And yet the foremost amongst all mystics am I
For a dog laying in the street of my Lord Ali, am I

そして美しいスーフィーの旋回舞踊をしているのは、バーミンガム出身の Vidya Patel
幼少期からインド古典舞踊を学び、
2015年のBBC Young Dancer(ナショナルダンスコンペティション)のサウスアジア部門ファイナリスト


Man Kunto Maulaは代表的な祈りの曲なので、多くの歌い手が歌っている
You tube でいくつか観たけど、どれも民族色が非常に強く
日本でいえばごりごりの民謡か演歌みたいな感じ? で、今いちピンとこなかった

でも、このOrchestral Qawwali | Abi Sampa のMan Kunto Maula は、
Abi とカウワリシンガーの力強い歌声と、めっちゃ心地よいタブラの音や手拍子に
最初からハートをわしづかみにされている

でもそれだけじゃない何かがあって、
根底に流れるリズムが自分の耳になじんだリズムなのか
バイオリンやギターなども入ったオーケストラ編成のせいなのか
とにかくもう、すーっと入ってくるアレンジなのだ

そこでキーマンとなるプロデューサーを調べてみると、名前は Rushil Ranjan 
ギターで演奏に参加もしている 

ムンバイ生まれのキプロス育ち、学校教育はイギリスのオックスフォードで。
青春時代はサックスを吹き、ポップスに夢中になっていたが
その熱も冷め、ロンドンのロースクールに通っていたとき
インドクラシツクフルート奏者の Praveen Prathapan と出会う
いっしょにジャムるうちに、Ranjan の頭のなかでアイデアが沸騰

And, all we did was fuse some Western chord sequences with swaras,”
僕たちがしたのは、西洋音楽のコード進行をインド音階のスワラとを融合することだけだった

Ragas and riffs in Oxford  より

なるほどー。耳なじみのいい和音、コード進行が、スーフィーの祈りの歌を耳なじみのいい曲に仕立てていたのねー
(※あくまでも個人的な印象です。実際どうなのか? はわかりません )

イギリスで育ったインド系移民2世(になるのかな? といっていいのかわからないけど)の若者たちが、
みずからのルーツにつながるスーフィーの祈りの曲を、
西洋音楽とインド古典音楽をフュージョンさせてパフォーマンスしているのがこのMVなのだ

というわけで、先月見かけてから、もう何度聴いてもそのたびに心が沸き立って
毎日、朝晩、聴いている




















関連記事
音楽 コメント:0 トラックバック:0
コメント:
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://fromishigaki.blog94.fc2.com/tb.php/2310-2d7dba38
Next Home 

プロフィール

ナツ

Author:ナツ
2003年から石垣島で暮らすプライベートブログ。
こちら↓もよろしくお願いします。
石垣島薬草園なうひあ nauhiaherb.com
FB    Nauhiaherb
Instagram nauhiaherb
Twitter  nauhia_herb

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード