FC2ブログ

なうひあdiary

2020 / 01
12≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫02

チビアーナ~モンテ・リーテ

2008/07/15(Tue) 03:21

6/25  Mercoledi
朝8:30にホテルを出て、A27に乗ってコルチナ方面へ。
ゆっくり走っても3時間弱、お昼前にはチビアーナ村のホテル Remauro に到着。
「もうチェックインできますよ~」といわれて通されたのが最上階のお部屋です。
s-2008_07040082.jpg
いい眺め~。

ちょっと休んでから近くのMonte Rite(リーテ山)へ。
2183mの山頂直下(2181m)には
登山家ラインホルト・メスナーのつくったミュージアムがあります。
メスナーは故郷のドロミテ各地に5つの山岳博物館をつくっているんですよね。
「山と出合ったとき人の心におきることに興味がある」といい、
もうひとりの自分が真横にいて励ましてくれたとか、
滑落する自分を客観的にながめていたなど、臨死体験も語っているメスナー。
いったいどんなミュージアムなのでしょ。

Passo Cibianaの駐車場まで車で行ってそこからシャトルバス。
以前はジープだったらしいのですが、人が多くなったためかマイクロバスになっていました。
ちょうどお昼休みで動かないので、目の前のレマウロ小屋でラビオリのお昼。
s-chibiana3.jpg
峠なので走りやさんが多いのです。入り口におちびのカワサキ。

モンテ・リーテに着きました。
s-monterite.jpg
あかりとりのガラス天窓も山のようにそびえています。
建物はもと戦時中の要塞だったそうで、もしかして↑は爆撃の跡?

ドロミテの山容をリアルに再現した真っ白い石膏のオブジェ、
ふるい登山用品や、油絵、水彩画など、ドロミテに関する収蔵品を展示してあり
とってもセンスがよくて落ち着くミュージアムでした。
小さなスケッチとかがまたいいかんじなのです。
小窓もちょうど目の前の山を切り取るように配置されていて天然の額縁に。
石造りでめっちゃ冷えていたけど、パーカーを着込んでゆっくり見て回りました。

そしてここの山頂のパノラマがすばらしい~。
360°の大展望が楽しめます。
s-2008_07040051.jpg
とんがり三角は Sassolungo di Cibiana
キンポウゲ科の黄色い花、Trollius Europaeus(トロリウス・エウロパエウス)
ドイツ語ではTrollblume(トロールブルーメ)、
英名ではバターカップ  が満開~
s-2008_07040056.jpg
Monte Pelmoはかすみがち…
s-2008_07040030.jpg
右はAntelao、中央はSorapisとPunta Nera。
Vodo湖とBorca di Cadoreの町も。
s-2008_07040054.jpg
一周まわってきて右の三角がSassolungo di Cibiana
そして足元にはお花がいっぱい! しあわせ~
s-monteriteflower2.jpg
ネット上の各図鑑と照らし合わせると…
左上/Gentiana acaulis、ドイツ語ではStaengelloser Enzian、
右下/Gentiana verna  このふたつはリンドウ科。
右上/Pulsatilla alpina?
左下/Rhodothamnnus Chamaecistus

4時のバスは満員で乗れなかったのでさらに1時間、雲上の楽園でまったりしていました。
おひさまぽかぽかのデッキでひるねしたり、つめたいのみものを飲んだり
上昇気流で鳥が滑空するのをながめたり…。
s-dolomitibird.jpg
カラスのようだけどくちばしは黄色くて、ピーヒョロロロとトンビのようの鳴くのです。
このカラストンビ、高い山の山頂でランチのおこぼれをねらっているのでした。

s-chibiana.jpg
チビアーナは壁絵の村。
村おこしのために描かれはじめたという壁画があちこちのおうちに描かれています。
くわしくは
kitamuraさんのサイトの「チビアーナ村」
フルリーナさんの「ドロミテの小さな村・チビアーナ」へ。









関連記事
'08ドロミテ・ベネチア コメント:4 トラックバック:0
コメント:
----

わあ・・・
お花がすごくきれい!!
お花の当たり年だったんですね。
ジープがマイクロバスになっていたということは
あの、崖っぷちを走るこわ~い細い道は、少し広くなったのでしょうか?
スイスで聞いたときトロールブルーメのことをバターブルーメって教えてくれたけど、いろんな愛称があるんですね。
このお花、かわいくてだいすき!!
by: フルリーナ * 2008/07/16 00:54 * URL [ 編集] | page top↑
----

ドロミテのお花にも当たり年とそうでない年があるんですね。
トロールブルーメほんとかわいいですね。
道はそんなに細く感じなかったから…広くなったのかな?
行ったときも落石防止の工事をしていましたよ。
by: ナツ * 2008/07/16 13:05 * URL [ 編集] | page top↑
--きれいな写真一杯です--

石垣島とドロミテ・・好い対比ですね。
空も花も・・色もきれい
やはり空気が澄んでいないと、こんな色は出ないんですね。

この先の旅のBLOG楽しみです。
by: kitamura * 2008/07/16 21:52 * URL [ 編集] | page top↑
----

>kitamuraさん
ありがとうございます~
標高が高いと空気も澄んでいるのですね。
だから山で見るお花もくっきりしているのでしょうか…
by: ナツ * 2008/07/17 09:56 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://fromishigaki.blog94.fc2.com/tb.php/259-c74e5596
Next Home  Prev

プロフィール

ナツ

Author:ナツ
2003年から石垣島で暮らすプライベートブログ。
こちら↓もよろしくお願いします。
石垣島薬草園なうひあ nauhiaherb.com
FB    Nauhiaherb
Instagram nauhiaherb
Twitter  nauhia_herb

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード