FC2ブログ

なうひあdiary

2020 / 07
06≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫08

星時間

2008/08/13(Wed) 10:49

昨夜はペルセウス座流星群のピーク。
1時半頃目を覚ましたら、黄色い月がまだ西の空にひっかかっていました。
もうひとねむりして起きると、どうやら雲もないようす。
ここ数年、天気がわるくてなかなか見られなかったけれど、今年はいけそうです。
バンナ公園の、「エメラルドの海を見る展望台」に着いたのは2時半。
赤瓦屋根のすぐ隣に、まったくそぐわないなぁ…と思っていた建物、
じつは星を見るようにつくったものだったんですね。
敷石にちりばめられた蛍光色の砂がまたたき、まるで星空のよう。
階段と二階のホールには、道筋をしめすための、かすかな青いライトがつづきます。
s-DSCF4232.jpg 
屋上には先客がひとり。寝ころんで眺めると…
広い空のあちこちに、光の矢が放たれていきます。
ときどき雲がかかったりして、薄い流星は見えるか見えないか…
ベストのコンディションではなかったけれど
放射点のペルセウス座近くでは、太く明るいオレンジ色の槍を、
空の端のほうでは、細く長く尾をひく流れをいくつも見ることができました。
森にはさまざまな生き物の通奏低音がひびいています。
ひときわ大きな流れを見て、すっかり満足。
明日にひびくのでそろそろ帰りましょう。
30分、とはいわないけれど、1時間はたってないはず。
ところが車に戻ったら、もう4時でした!
星空を見上げていたら、時間の感覚がくるってしまったようです。
地上の時間とはあきらかにちがう、宇宙の時間。
s-DSCF4231.jpg
展望台からおりると、目の前に石垣の夜景がひろがりました。
街へ帰る途中、
車の窓はすっかり朝露でくもってしまい、
夜の空気はひんやり湿っていて、
草いきれや熟れた果実の濃密な匂いにみちています。 

1時間半海に浸かっていたみたいに、体が冷えていました。
あたたかく乾いた寝具の、なんて心地よい…。
夏の石垣でも、星空観察にはシュラフがあるといいかな~

関連記事
daily1 コメント:0 トラックバック:0
コメント:
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://fromishigaki.blog94.fc2.com/tb.php/291-264e7795
Next Home  Prev

プロフィール

ナツ

Author:ナツ
2003年から石垣島で暮らすプライベートブログ。
こちら↓もよろしくお願いします。
石垣島薬草園なうひあ nauhiaherb.com
FB    Nauhiaherb
Instagram nauhiaherb
Twitter  nauhia_herb

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード