FC2ブログ

なうひあdiary

2020 / 01
12≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫02

帰還

2008/12/09(Tue) 15:54

土曜日は於茂登岳に登りました

s-DSCF6987.jpg
アオノクマタケランの赤い実が鈴なり


s-DSCF6951.jpg 
薄暗い林床には、今が見頃のカゴメラン


s-DSCF6991.jpg 
瑠璃色の実はマルバルリミノキ


s-DSCF6995up.jpg 
こちらはまだ花。タシロルリミノキ?


s-DSCF6982.jpg 
環紋がうつくしい…ウチワタケ


s-DSCF6973.jpg 
日本最大種ヤエヤママルヤスデ


s-DSCF6964.jpg 

上のほうではリュウキュウツワブキも咲き始めていました

s-DSCF6956.jpg 
いつもの巨木の前で、超ごきげんなジョン。

しかしこの後、事件が起きました…。
このブログのupが今頃になってしまったのもそのせいだったのです。

それは8合目あたりでのこと。
ちょこちょこ後ろを振り返り、私たちが来ているのを確認しながら登山道を登っていたジョンが
いきなり何かを発見。ダーッと急な階段を駆けのぼったかと思うとやぶの中に突進していきました。
ガサガサっという音の後、ちょっと離れたところからわんわん、と吠える声。
あちゃー。また、イノシシをみつけてしまったようです。
こんな山の上のほうにもいるんですね、イノシシ。

そのうちあきらめて来るだろうと頂上へのぼり、お昼をたべてもまだ来ません。
風がつよくてさむいので早々に降りてくると、まだわんわん、と吠える声。
かなり離れたところから聞こえてきます。
ジョンがやぶに入っていったところでしばらく待っていましたが
さむいし暗くなってくるしで、下山して車で待つことに。

飼い主の先生に電話すると「だいじょうぶ。あれは自分で家まで帰ってくるさ」
いつもなら1時間くらいであきらめて戻ってくるのに、
今日はかなりいい勝負をしていたらしく
「どこかにイノシシを追い込んで、逃げないように見張っているはずよ」と先生。
これが猟なら、吠え声を頼りにやぶに分け入り、
ジョンが見張っているイノシシを撃つのでしょうが
とても入っていけるようなやぶではなかったのです。

夜10時頃まで、登山口で待っていました。
でもその日は帰ってこなかったのです。。

そして翌日曜日。朝からまた於茂登岳にのぼってみましたが気配なし。
麓の農家の方々に話を聞いてみるも、手がかりなし。

月曜日、警察と保健所に届けを出し
夕方また於茂登岳周辺を車でまわってみたものの
時間がたつにつれ、山の近くにいる可能性は低くなっていきます。
あとはジョンが自力で帰ってくるのを待つしかありません…。

今年4月には、アメリカ・ネバダ州で、ムーンという名のメスのシベリアンハスキーが
123kmも離れたところから山脈ふたつと砂漠を越え、6日間かけて帰ってきたというニュースがありました。

於茂登岳から街にある先生のおうちまでは、直線距離で約9km。
犬の帰巣本能のメカニズムには
感覚地図仮説(視覚・聴覚で得た情報から脳内に感覚地図を作っている)
地磁気仮説(地磁気を感知できるシステムが体内にある)
天体コンパス説(天体の位置関係と体内時計の時刻を比較して位置を割り出す)
方向細胞説(脳内にある方向細胞が、その方向をめざしたときに活性化する)
など諸説あり、それが人間の思いも及ばない驚異的なものであるという実話はたびたび目にするし、
ジョンは車に乗ってしょっちゅういろいろなところへ行っているけれど、
果たしてほんとうに帰ってこられるのか。
イノシシと戦って負傷していたりしたら…
などと心配で心配で、生きた心地もしなかったのです。

ところが今日(火曜日)の昼、先生から電話が。
「ジョンが帰ってきたよ!」
先生が畑に行こうとしたら、家の近くの道を向うから歩いてくるジョンと
ばったり会ったというのです!

さっそく行ってみると、わたしたちの顔を見て
クーン、とめったに聞かない声(^^;)
あとはまったく疲れた様子もなく、
何かを食べたのかおなかもそんなに減ってないらしく
普段と変わらない様子。
なんだか気が抜けちゃいました。

でもほんとうによかった。
どんな経路で帰ってきたのでしょう。
畑を突っ切って? 車道を通って?
ジョンが通った道のりが知りたい!

関連記事
山歩き コメント:2 トラックバック:0
コメント:
----

いや~~ジョン、帰って来たね~!!
良かった、良かった!!

でもホントのとこ9割方、無理だと思っていたんだけどね。
さすがジョンは野生児、ただ者じゃないな。
うちの過保護なチョコ&バニラじゃ無理だな

帰って来たのも凄いけど良く車にひかれたり
何かトラブルに巻き込まれたり
変なもの食べたりしなかったね

いや~
凄い、ジョン!!

T


by: タケ * 2008/12/09 21:46 * URL [ 編集] | page top↑
----

ほんとに安心しました~。
ジョンは首抜けして家のまわりをほっつき歩いたり
家から平田原、バンナ、バンナの向うの浦田原、名蔵ダム、と
すべて歩いているから、頭のなかの地理感がつながったのかも?
名蔵ダムの上はもう於茂登岳ですもんね。
でもすごいですよね!
チョコ&バニラも…意外と二匹珍道中で
平気な顔して帰ってきたりして?
犬の本能って、人間の理解を超えてるはず~。
by: ナツ * 2008/12/10 08:55 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://fromishigaki.blog94.fc2.com/tb.php/373-7597f985
Next Home  Prev

プロフィール

ナツ

Author:ナツ
2003年から石垣島で暮らすプライベートブログ。
こちら↓もよろしくお願いします。
石垣島薬草園なうひあ nauhiaherb.com
FB    Nauhiaherb
Instagram nauhiaherb
Twitter  nauhia_herb

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード