FC2ブログ

なうひあdiary

2020 / 01
12≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫02

お盆闘牛大会

2004/08/29(Sun) 13:41
ilvdjhyo.JPG各地で旧盆の行事が真っ盛り。そのひとつ、「お盆闘牛大会」に行ってきました。



闘牛という言葉の響きは、人と牛が戦うスペインの闘牛をイメージしてしまい、血を見そうでこわかったんですが…こちらの闘牛は「牛さんのお相撲」。二頭の牛が角で押しっくらをして、お尻を見せたほうが負けです。



やる気むんむんで入場してきた牛さんは、モーモー鳴きながら前足で砂をかいています。二頭が正面からにらみ合い、頭を低くしてがつりと角突きあいました。



最初はどちらも譲らず、膠着状態が続きます。そこを両方の闘牛士が「アリヒャー!」という掛け声とともに足を踏み鳴らし、牛にハッパをかけていきます。



「技の“ゆかり美龍”か、力の“五風黒星”か?」盛り上がるアナウンスに、かたずを呑んで見守る観客。「ゆかりー!」という声援も飛んでいます。どうやら、押し合う以外に、首をもたせてのしかかる、角でひっかけたり、体をはねあげる、などの技がいくつかある様子。これらの技は、野生の闘争本能から自然とひねり出されるようです。



取り組み中の牛さんは白目をむき、口からは泡…。それでも力をゆるめません。組み手(組み角?)がくずれかけると、体勢を整えて組みなおすところなど、さすが百戦錬磨という感じ。



それでも一瞬、“五風黒星”号の力が弱まったのでしょうか、“ゆかり美龍”号が一気に押しまくり、スタミナ切れの“五風黒星”号はお尻を向けて逃げの体勢。最後はあっという間に勝負がつきました。



牛さんたちが動いてからはすごいスピードで、闘牛士も踏みつぶされまいと逃げる転がる。いやー、大迫力です。



三線の生演奏のなか、勝った牛は子供たちを乗せて場内一周…なのですが、15分にも及ぶ取り組みに“ゆかり美龍”もヘトヘト…。押しても引いてもなかなか動かず、足元もフラフラでした。



初めての闘牛、予想以上のおもしろさに大興奮。控え室は道端…というのも、なんだか素朴でほほえましく、戦い終わった牛さんたちの静かな姿に、ほろりとさせられちゃいました。
関連記事
イベント コメント:0 トラックバック:0
コメント:
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://fromishigaki.blog94.fc2.com/tb.php/509-d5148e48
Next Home  Prev

プロフィール

ナツ

Author:ナツ
2003年から石垣島で暮らすプライベートブログ。
こちら↓もよろしくお願いします。
石垣島薬草園なうひあ nauhiaherb.com
FB    Nauhiaherb
Instagram nauhiaherb
Twitter  nauhia_herb

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード