FC2ブログ

なうひあdiary

2020 / 07
06≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫08

赤い家~パラキの遺跡

2007/05/10(Thu) 10:44


セドナの街から車で30分のところにある、PALATKI(パラキ)の遺跡。
パラキとはネイティブアメリカンの言葉で「RED HOUSE」という意味だそう。

南向きの崖を天然の屋根と壁にして、冬は低い日射しがフルに射し込み
夏は午後から影になって涼しく、水は崖の上から落ちてくる(雨期にはさながら滝のよう)
という理想的な場所。

古くは先史時代のひとびとから、そして紀元650年~1300年頃にはSinagua族、
1300年頃からYavapai族、1500年~1800頃にはApache族によって利用されていた
と考えられています。
 
上の写真の住居跡から少し離れたところには、壁画が残されています。


s-P5040663.jpg


先史時代のものと思われるプリミティブな蛇のシンボルから、
ヤババイ、アパッチ族が狩りの成功を祈って描いたと思われる動物たちやスピリット。
遺産に敬意を払わないひとによる落書きによって、ところどころ荒らされてはいるけれど
古代のひとびとが祈りをこめて描いた壁画はいまなおいきいきと、オーラに満ちています。

94フォトアルバムはこちら。 パラキの遺跡

※遺跡を保護するため1日80人の入場制限があり、電話予約が必要です。
      Palatki Cultural Site 



関連記事
'07セドナ・グランドキャニオン コメント:0 トラックバック:0
コメント:
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://fromishigaki.blog94.fc2.com/tb.php/51-06af8ef7
Next Home  Prev

プロフィール

ナツ

Author:ナツ
2003年から石垣島で暮らすプライベートブログ。
こちら↓もよろしくお願いします。
石垣島薬草園なうひあ nauhiaherb.com
FB    Nauhiaherb
Instagram nauhiaherb
Twitter  nauhia_herb

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード