FC2ブログ

なうひあdiary

2020 / 01
12≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫02

八重山古典民謡コンクール

2004/10/03(Sun) 03:53
八重山毎日新聞社が主催する八重山古典民謡コンクールが、10月1~3日、市民会館中ホールで行われました。審査は奨励普及賞(小・中学生)、新人賞(中学生以上)、優秀賞(新人賞に入賞した人)、最優秀賞(優秀賞に入賞した人)、の4段階。英語の検定のように、それぞれ一定のレベルをクリアすれば入賞できます。



私も一年目の新人賞に挑戦。公開審査の舞台に上がり、課題曲の「鷲ぬ鳥節」と「千鳥節」を唄いました。さすがに緊張して手も声もふるえましたが、毎日お稽古してくださる先生と、先輩方やみんなのあたたかい励ましのおかげで、なんとか間違えずに唄い終えることができました。



本番二日前に風邪をひき、審査当日の午前中までヘロヘロだったので、ジョーさんには面倒かけっぱなし(「とにかくメシ食って寝とけ」と、何でもやってくれました)。



せっかく石垣島に住むことになったのだから三線を習いたい、そしてこの地に生まれ、歌い継がれてきた古典民謡にふれたいという、かるい気持ちではじめたのですが…こんな必須参加のコンクールがあるなんて。でも、年に一度のこのコンクールがあるからこそ、お稽古に励みが出るのですね。



結果がわかるのは最終日の今夜。どうかみんなが入賞していますように…。



s-concours011.jpg

残念ながら、新人賞に入賞できませんでしたー。例年ならなんとかギリギリ合格ライン、といわれていたのですが、今年はぐっと厳しくなり、合格率も7割から5割に減。ただ唄えるだけではだめで、発音やリズムなどが、独特の「八重山民謡調」をかもしだしていることが大切なようです。むずかしー。自然と体にしみこむまで、お稽古を重ねるしかないんですね。また一からがんばりまーす。
関連記事
イベント コメント:0 トラックバック:0
コメント:
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://fromishigaki.blog94.fc2.com/tb.php/519-5f525eeb
Next Home  Prev

プロフィール

ナツ

Author:ナツ
2003年から石垣島で暮らすプライベートブログ。
こちら↓もよろしくお願いします。
石垣島薬草園なうひあ nauhiaherb.com
FB    Nauhiaherb
Instagram nauhiaherb
Twitter  nauhia_herb

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード