FC2ブログ

なうひあdiary

2020 / 06
05≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫07

ウムズナ~

2005/12/03(Sat) 12:01
寒いのと眠いのは大の苦手。で、去年もおととしも行けなかったウムズナとり。

ウムズナとはイイダコみたいな小さなタコで、

冬の大潮の夜中、潮の引いた砂地にいるのがみつかります。

昨日はけっこう暖かく天気もまずまずだったので、さっさと九時に就寝。

深夜0時にむくっと起きだして行ってきました。



はじめてで案内してくれる人もなし、果たしてみつかるのかな~と不安でしたが、

歩き始めてすぐにジョーさんが発見。

なかば砂に埋もれて擬態しているので、わかりにくい~。

でも、みつけてしまえばこっちのもの、逃げ足はまったく遅いので

というよりも、みつかったことを認識していないらしく、逃げるそぶりもなし。

ゆっくり写真など撮ってからつかんでもゆうゆう間に合います。



しばらくしてからもう一匹捕獲、そして青く光っている大きなやつも…。

これ、ほかのとは色も大きさも違う、どうやら普通のタコっぽい。



そんなわけで、出だしは調子よかったのですが、

途中からさっぱりみつからず。

三匹ともジョーさんがみつけていたので、私も発見したかったのですが…

あの擬態に目くらまされ、見落としているにちがいない。

だってこんなですよ~。



Image1.jpgumzna.jpg


浜には他にも5~6人、ウムズナとりの人が歩いていましたが

超明るいハンディタイプの蛍光灯に、片手には長い棒と、

皆さん示し合わせたかのようなおそろいの装備。

草の生えているところも棒でつつきながら、どんどんとってました。

そんな手練れの方たちがそばに来てしまっては、

しょぼい懐中電灯しかない、しろうとの私たちがかなうわけもなし。

思いのほか冷たい風と寝不足で戦意喪失、

すごすごと引き上げてきたのでした。



しかし、生きてるタコって、やはり相当不気味ですねぇ。

いざとなると、あのくねくねうごめく吸盤つきの足がこわくてこわくて困った

バケツの底からずずーっとはい上がってこられたりすると、もうだめです。

素手でなんて、とてもとてもつかめません。

デビルフィッシュなんて名付けて食べない気持ちも

生きたタコを間の当たりにするとわかるなぁ~。

(でもおいしいけど♪)



img20051203.jpg

関連記事
田園 コメント:0 トラックバック:0
コメント:
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://fromishigaki.blog94.fc2.com/tb.php/668-0327e12d
Next Home  Prev

プロフィール

ナツ

Author:ナツ
2003年から石垣島で暮らすプライベートブログ。
こちら↓もよろしくお願いします。
石垣島薬草園なうひあ nauhiaherb.com
FB    Nauhiaherb
Instagram nauhiaherb
Twitter  nauhia_herb

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード