FC2ブログ

なうひあdiary

2020 / 01
12≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫02

バリケン

2006/12/01(Fri) 20:50
天気がいいのでひさびさに浜に来てみました。


img20061201.jpg


このひとも大はしゃぎ。ジョンが薮に消えると


img20061201_1.jpg


変な鳥が登場。な、なにこれ?


img20061201_2.jpg


いったんは海に逃げましたが、再び上陸して浜にいた白いペアと合流。


img20061201_3.jpg


それにしても、野鳥にしては妙に丸々していて家禽くさい。あきらかにDUCK系な感じ。


img20061201_4.jpg


やけに浜でおくつろぎですが、あのー、海鳥さんで?


img20061201_5.jpg


「なわけないでしょ、見てよこのぷりぷりなお尻!」




とまあ、後から浜に来たお兄さんいわく、

「この鳥、唐人墓のほうで飼われていたやつさ~。犬が来て逃げたさ。

飼われていたときはもっと薄汚れていたけどね~。

羽がきれいになってるし。幸せそうな顔になってるさ~」

とのこと。そ、そうよね…。

だって、さわれそうなくらい近寄っても逃げないなんて、おかしいと思ったのです。

調べてみると、名前は「バリケン」。

和歌山県立自然博物館のサイトによると、

「元々は、南米原産のノバリケンを家禽(かきん)として品種改良したもののようです。

その後、食用として日本に持ち込まれたようですが、今では利用価値もなく

川や池などでのんびり暮らしているようです」とのこと。

また「屋外での自由な生活が長いためか、家禽としてはめずらしく

飛ぶ能力がある」のだそう。

そのためにあちこちで野生化しているらしく、各地の川や池で

「ヘンな鳥がいる!」と目撃情報が寄せられています(笑)。



img20061201_6.jpg


して、石垣では海ですか…。適応性ありすぎ~笑い





しかし、この鳥たちのおかげでこの後一瞬大変なことに…。

どこかで泥沼にはまってベトベトのまっ黒になって帰ってきたジョンが

鳥たちをみつけて猛然と海に飛び込み追跡開始。

けっこう波があるのにどんどん沖へ行ってしまい、かすかに小さな頭が見えるほどに…。

日も落ちてきて暗くなっているのにどーしよ、ジョン遭難?



「しゃーない。オレが泳ぐか…」と服を脱ぎかけたジョーさんを止め、

車に走って携帯をつかみ、118番通報しちゃいました。

「い、いぬなんですけど助けてもらえますか」と聞くと

冷静に状況と場所を聞いて「では救助を要請します」と海上保安庁さま。



あー、助けてくれるんだあ、と浜に戻ると

ジョン、岸に向かって一生懸命泳いでいるではないか。

もうかなり近いぞ。

すぐに電話して救助差し止めをお願いしました(>_<)



ジョーさんも叫び続けて声がかれてるのに

ジョンときたら「あれ、どしたの?」と何くわぬ顔。

息すらアガってない…。

アンタ、『マリリンに逢いたい』の主役の犬とはりあえるはずね…。

ジョンの底力を見た夕暮れでした。

あー、疲れた。

海上保安庁さま、お騒がせして失礼しました…悲しい

でも心強かったです。感謝。
関連記事
野鳥 コメント:0 トラックバック:0
コメント:
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://fromishigaki.blog94.fc2.com/tb.php/855-aa915853
Next Home  Prev

プロフィール

ナツ

Author:ナツ
2003年から石垣島で暮らすプライベートブログ。
こちら↓もよろしくお願いします。
石垣島薬草園なうひあ nauhiaherb.com
FB    Nauhiaherb
Instagram nauhiaherb
Twitter  nauhia_herb

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード