FC2ブログ

なうひあdiary

2020 / 01
12≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫02

ちひろのぬくもり

2009/04/23(Thu) 10:37
ちひろの絵は大好き、というわけではないけど、その水彩の美しさにはとってもひかれる。
ここまで来たらやっぱりはずせません、安曇野ちひろ美術館

まわりは広々した公園です。石のオブジェがシュール。

5/12までは「出版記念展 ちひろと一茶」
一茶の俳句とちひろの絵のコラボレーションは
小さないのちへの温かなまなざしが響き合い
なじみの句や絵が、また新鮮な表情を見せていました。

そして、紙に染みこんだ水彩絵の具のうつくしさといったら…
つるつるの印刷物や、ネットのディスプレイでは絶対に出てこない、
ざらざらした質感とぬくもり、ほんものの色と大きさ。
原画の日やけを防ぐために薄暗くされた展示室で
しあわせな時間を過ごすことができました。

渡り廊下には石造りの小さなおうち

小窓からのぞくと…だれかいます

ほら、こっちも

上から見ると…水盤に水が張ってあって、みなさん洗濯中でした(^o^)


もうひとつの企画展は「生誕100年 夢と記憶の画家 茂田井武展
戦後の絵雑誌で活躍したというこのひとの絵、
なんともいえない不思議な魅力にあふれていました。
この企画展にめぐりあえたのは、とっても幸運でした。

眺めのいいカフェでひとやすみしながら、昼過ぎから夕方までここで過ごしてしまいました。
桜の枝のあいだに見える建物は、黒姫から移築されたちひろの山荘。

中には入れませんが、ガラス窓越しに部屋の様子を見ることができます。
炊飯器が昭和ですね~

あかるい窓辺が仕事場。

公園を流れる小川のほとりには、つくしんぼ

チェコの絵本作家、パツォウスカーのデザインした池。
絵本のページに紛れ込んだような気持ちになります。

隣接する神社の境内で、満開の桜に追いつきました。


それにしても…
ちひろは55歳、茂田井武は48歳でこの世を去っているんですよね…。
一茶は享年65歳でしたが、妻と子をつぎつぎと亡くして火事にも遭い、なんという人生。
年譜で見るひとの一生って、あまりにもせつなくおそろしい。
関連記事
'09松本・安曇野 コメント:0 トラックバック:0
コメント:
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://fromishigaki.blog94.fc2.com/tb.php/910-d0777e23
Next Home  Prev

プロフィール

ナツ

Author:ナツ
2003年から石垣島で暮らすプライベートブログ。
こちら↓もよろしくお願いします。
石垣島薬草園なうひあ nauhiaherb.com
FB    Nauhiaherb
Instagram nauhiaherb
Twitter  nauhia_herb

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード