なうひあdiary

2018 / 07
06≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫08

桃山

2009/04/26(Sun) 22:50
松本2泊目は、もうひとつの奥座敷、
美ヶ原温泉の桃山へ。
広大な日本庭園に囲まれた(昔は桃園、いちご園だったとか)松本の夜景を一望する高台の一軒宿で、わたしたちの部屋はいちばん奥のお庭に面したところ。

前日泊まった貴詳庵は現代建築の建物ほか、いろいろな面で今ふうの洗練された雰囲気だったのですが、こちらはなかに滝が流れる純和風のたたずまい。
ほかの宿泊客の姿も見えず、横溝正史ワールドの由緒ある邸宅にふたりっきりで招かれてしまったような、謎めいた雰囲気にみちていました。


旬の筍は前菜、お造りでもいただいたのですが、どーんと塩竃焼きになって出てきた!
とんかちで割ると、和紙に包まれた筍が。ほんのり塩だけで、筍そのものの滋味。

朝、小雨に濡れる庭園を歩いてみました。しずくをのせた、まだ緑色のハナミズキに

満開の枝垂れ桜がみごとでした。

GW明けからは、二万本のつつじが見頃になるそうです。
関連記事
'09松本・安曇野 コメント:0 トラックバック:0
コメント:
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://fromishigaki.blog94.fc2.com/tb.php/914-5ea0add8
Next Home  Prev

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード